醍醐の桜

宇治から車で2,30分の醍醐寺の桜です。昨日(3/29)時点で満開まであそ少し。今週末ぐらいは満開かもしれません。満開じゃなくても十分綺麗でした!宇治の観光と合わせて行かれては?

2010032912390000.jpg2010032913460000.jpg

桃?

 今日の宇治は雨が降っていると思ったら、晴れたり。ころころ変わってます。そして寒い・・・花冷えですね。桜は場所にもよりますが、大体5分咲くらいでしょうか。しだれは満開です!

 

お茶のかんばやし宇治橋通り本店の近くの田中医院さんにある2色咲の桃?だと思われる木。。毎年楽しみにしています。1本の木からピンクと白の花が咲いてます。

2010032610140000.jpg

二次会

先日、友人の結婚式の二次会に行ってきました。幸せそうな二人を見てこっちまで幸せな気分に☆☆富小路三条の「エナ・ブランカッ」は生パスタとタルトが美味しい店と聞き、期待して行きました。タルトが特に美味しかったです!2010032119430000.jpg

花粉症

数日前から花粉症の症状が出てきました。ひどい方ではないと思うのですが、お天気が良い日はくしゃみ連発、鼻もつまり辛いです。

お茶にはメチル化カテキンという、I型アレルギー(花粉症など)を緩和させる作用があることが報告されています。アレルギーを引き起こすヒスタミンの放出を抑制させる働きがあるのです。

このカテキンというものは抹茶や玉露、煎茶に含有量が多く、高温で溶解するのが特徴です。玉露や煎茶は通常、温度を落として淹れることが多いですが、この時期は高温で淹れてみるのもいいかもしれませんね。2010031817440000.jpg

 

桜まつり

2010031514060000.jpgこの八重椿を店に飾る頃、春が近づいた感が出てきます。

今日の宇治は雲ってますが、だいぶ暖かくなりました。

今年の宇治の桜まつりは4月の3(土),4(日)日です。毎年、桜の開花の時期とずれるのですが、今年はどうでしょうかね・・・桜まつりでは、お茶席や宇治の名産品の販売、伏見の銘酒試飲、炭山陶器市などイベントも沢山ありますので、是非いらして下さい。

ギャラリー

2010030717500000.jpgお茶のかんばやし宇治橋通り本店2F、“喫茶かんばやし”に展示させていただいている陶器です。全て弊社社長の作品です。最近富士山で描いてきた油絵など・・・写真も・・・なんとなく社長のギャラリー化している店内です。掃除のときは皆気を使います。割ったら大変・・・

ご来店の際はどうぞご覧くださいませ。

2010030717500001.jpg

2010030917240000.jpgお茶をしていると書にふれる機会が多くなりますが、勉強不足で読めなかったり、意味が判らなかったり、なかなか難しいです。が、判らなくても書から伝わるもので時々ピンと来るものがあります。これは、妙心寺・古川大航92歳の時の書です。洋花とのバランスが気に入り、思わず写真を撮りました・・・

喫茶かんばやし

2010030717280000.jpg宇治橋通り本店2F喫茶かんばやしでのただ今のお菓子、総本家駿河屋さんの“桜しぐれ”です。美味しいと好評です。ピンク色が可愛らしいです。早く本物の桜が見たくなります。

椎茸

2010030813230000.jpg一昨日、外食で頂いた椎茸とお葱と鶏肉の炒め物が美味しくて、あの味を再現したいなぁと思っていました。でも、美味しい椎茸はお値段も高いしなぁ・・・と思っていたら、ちょうど今朝、お世話になっている方から椎茸をいただきました!このタイミングは嬉しい☆しかもすごい肉厚の椎茸で・・・。

美味しく頂きます。

土呂

2010030716360000.jpg先日、愛知県岡崎市の福岡学区文化財保存委員会の方が来店されました。何度目かの来店です。今から2年前ぐらいだったと思います。店にいた私は、突然、上林竹庵のお墓はどこにありますか?と聞かれ、碑は平等院にあったと思いますが・・・と曖昧に答えました。よくよく聞くと、土呂(今の愛知県岡崎市福岡地区)の松平念誓(家康の長男、信康の補佐役だった)と、我々の先祖である上林竹庵の繋がりをお調べになられているとのとでした。

家康も秀吉と同じようにお茶が好きだったようで、宇治の製茶師の一族である上林政重(竹庵)を土呂に呼び寄せ、土呂郷の支配と製茶を命じました。その後、新たに上林政重(竹庵)は松平念誓とともに製茶を命じらることになりました。そんな繋がりがあったとは・・・

その後、竹庵は宇治に戻り、宇治茶の栽培に専念するのですが、慶長5年、鳥居元忠らとともに伏見城にこもって戦死し、その功績を買われて、上林家はお茶壷道中を取り仕切るお茶師に命ぜられました。  

(写真は宇治橋通り本店にある伏見城攻図。上林竹庵の名があります。)     

歴史は深いです。たぶん、もっと色んなところで色んな方と繋がっているのでしょう。

お花

桃の花と薔薇と菊たち・・・和洋折衷で何だかよくわからないですが、可愛らしいです。 。2010022817470000.jpg

このページのトップへ移動