東林院

2010061913370000.jpg先日、妙心寺の塔頭の一つ、東林院に行ってきました。平家物語の文頭「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」で有名な沙羅双樹があるお寺です。普段は非公開ですが、この時期だけ公開されています。釈迦の涅槃の際に咲いたと言われる沙羅の花は、朝に咲き、夕方には散ってしまう、はかなさ、無常を表します。お庭の苔の上には沙羅の花がちらほら・・・まだ満開ではありませんでしたが、十分雰囲気を味わえました。お抹茶と沙羅の花に見立てた鼓月さんの上生菓子もいただけます。


紫陽花

2010061416400001.jpg

表の花壇の紫陽花が咲き始めて来ました。どうもうちの土は青色系に咲かせてくれるようです。

 

 最近、三室戸寺の紫陽花を見に来られるお客様が多いです。花寺と称される三室戸寺の一番の目玉は紫陽花です。6月だけ、宇治駅からバスも運行されています。宇治にお越しの際は是非。

 

 そして、珍しい花が表にもう一つ。一見、半夏生のように見えますが、種子島や台湾原産のコンロンカという花です。道行く人に度々尋ねられます。カンコンロとかカランコロンとか中々覚えられませんでしたが、やっと覚えました、「コンロンカ」。

 2010061416400002.jpg

 

 

 

パン

雑誌で見て気になっていたパン屋さん、宇治にあるPanya a la Bonne miche パンヤ ア ラ ボンヌ ミッシュさん。近くに住んでいる方にお願いして買ってきてもらいました!ハード系のものが多いみたいですが、私は左上のクリームパンが◎ カスタードが濃厚でした。遠方から買いに来られる方が多いのも納得です。

2010060308320000.jpg

このページのトップへ移動