宗旦稲荷

先日、上京区にある相国寺に行って来ました。こちらには宗旦稲荷という神社があり、ある狐が祀られています。2011092415470000.jpg

以下ウィキペディアより

あるときに相国寺で千宗旦の茶会が開かれた。宗旦の見事な点前は、出席した茶人たちはもちろんのこと、普段からそれを見慣れている弟子たちですら見とれるほどだった。ところが宗旦がその場を去った後、また宗旦が現れ、遅刻して来たことを詫びた。そのようなことが何度かあり、弟子たちは宗旦に偽者がいると考え始めた。

後日、茶室に宗旦が現れたときを見計らい、弟子たちは宗旦本人が自宅にいることを確かめた上で偽宗旦を問い詰めた。すると偽宗旦は素直に自分が偽者であることを明かし、自分は寺の藪に住む古狐であり、ずっと宗旦の点前に憧れていたので、いつか自分もそのような点前をしてみたかった、もう二度と悪さをしないと詫び、狐の姿となって逃げ去った。弟子たちは宗旦狐の腕前に感心し、狐を追うことはなかった。

時は流れて幕末。宗旦狐は雲水に化けて相国寺で勉強をしていた。他の雲水たちと共に座禅を組み、托鉢に回り、時には寺の財政難を建て直すべく力を尽くした。門前の家で碁を打つこともあった。碁に熱中するあまり、狐の尻尾を出してしまうこともあったが、人々は狐の正体を知りつつも付き合っていた。

ある年の盆。門前の豆腐屋が資金難から倒産寸前に陥っていた。宗旦狐は蓮の葉をたくさん集めて来て、それを売って金に換えて大豆を買うよう勧めた。豆腐屋はそのお陰で店を建て直すことができた。お礼をしようと考えた豆腐屋は、狐の大好物である鼠の天婦羅を作って宗旦狐に贈った。しかし宗旦狐は、それを食べると神通力が失われるといって遠慮した。とはいうものの目は大好物に釘付けで、つい我慢できずにそれを食べてしまった。途端に宗旦狐はもとの狐の姿に戻り、それを見た近所の犬たちが激しく吼え始めた。狐は咄嗟に藪の中に逃げ込んだが、慌てたために井戸に落ち、命を落としてしまった(別説では猟師に鉄砲で撃たれた、または自ら死期を悟って別れの茶会を開いたともいう)。

相国寺は寺のために尽くしてくれた宗旦狐の死を哀れみ、宗旦稲荷として祠を築き、狐を僧堂の守護神とした。現在でも宗旦稲荷は、相国寺境内に祀られている。

 

10月の宇治

来月の宇治はイベントが沢山あります。まず、毎年恒例の「宇治茶まつり」が2日(日)に。今年は第60回記念で、裏千家お家元がお越しになり、御献茶式がとり行われます。

8日(土)は京都文教大学による宇治茶スタンプラリーが開催!お茶のかんばやし宇治橋通り本店も、スタンプポイントになっております。参加費無料、参加賞もあります。また、茶香服体験、聞き茶巡り、学生さんたちによる宇治茶ガイドツアー(①宇治茶を知るコースに当店も入っています)など、今年は8日に面白いイベントが目白押しです。3連休初日は是非宇治に!!

2011092610380000.jpg2011092610370002.jpg

 

中秋の名月

MA330050.jpg大門店勤務のYです。

昨日912日は中秋の名月。何となく夜空を見上げた方も多かったのではないでしょうか。

宵の口に空を見上げると、お月さまは雲間に見え隠れしていました。今年は、おぼろ月夜かなと思っていたら、10時頃になって、きれいなお月さまが現れました。庭に出ると、月明かりで苔が美しく輝いていました。自然って、時にはこんなに穏やかなひと時を与えてもくれる。日頃の忙しさを忘れ、感慨深く思いました。

 

中川家さん

今日は突然、中川家のお二人が来られました。色々な質問をして下さいましたが、突然の事なので、恥ずかしながら完全に舞い上がり、ドキドキしてしまいました・・・お二人ともテレビ通りの方で、とってもいい人!宇治橋商店街を色々まわられているようで、お茶のかんばやしの箇所が採用されるかはわかりませんが、10月中旬の読売テレビでの放送だそうです。20110912130827.jpg

 

レンタサイクル

今日は久しぶりに良いお天気で、宇治の町も活気付いていました。最近、観光客の方で自転車に乗った方が増えました。JR宇治駅近くの自転車屋さん「林田商会」さんで、レンタサイクルをしているようです。500円で1日乗り放題!かなりお得です!平等院だけがお目当てなら使わなくてもいいかもしれませんが、少し足を伸ばして、宇治上神社や興聖寺、源氏物語ミュージアムなど行かれる時には大変便利です。風も涼しくなって秋めいてきた宇治、自転車で爽快に観光でもいかがでしょうか?

2011090618010000.jpg

 

敬老の日

9月になりました。今年の敬老の日は9/19(月)です。そろそろ敬老の日のお贈り物のご注文を頂き始めております。ありがとうございます。歳をとるにつれ、自然と日本茶が美味しく感じる、若いころは思わなかったのに、とよく店で耳にします。ちょうど秋の気配がするお茶の美味しい時期、おじいちゃん、おばあちゃんにお茶で日頃の感謝を伝えてはいかがでしょうか。

町内会などでは100グラム袋入りをよくお使いいただきます。煎茶、龍趐など多数ございます。

2011090111280000.jpg

また、少量でいいものをお求めの方も多く、最高級煎茶京雅や、玉露と煎茶のセットなんかもお勧めです。

2011082817160000.jpg2011082817170001.jpg

このページのトップへ移動