お正月のお祝い茶『大福茶』

大福茶.jpg大門店勤務のYです。今年も残すところあとわずか。何かやり残したことだらけ。アッという間の一年でした。

新春の「大福茶」のご準備はいかがですか。

「大福茶」は、関西地方で、お正月のお祝い茶として飲まれる梅干や結び昆布などの入ったお茶です。昔、梅干しの入ったお茶で病に苦しむ人々を救ったとされており、当時の村上天皇が飲まれたことにより“皇服茶”の名前がつき、幸福と関連づけて“大福”の文字があてられるようになったとされる説もあるようです。年の初めに縁起の良いお茶を飲んで無病息災をお祈りしてはいかがでしょうか。一度、お試しください。

 

また、好評につきお正月には『福袋』をご用意させて頂きます。抹茶・玉露・煎茶・玄米茶・ほうじ茶・粗品も入って3,900円(小売価格5,775円)。大変お買得になっております。お求めはお早めに。

年末は、31日まで。お正月は210時よりの営業となります。

私も宇治橋通り本店にて接客させて頂きます。ぜひお立ち寄りくださいませ。お待ち致しております。

このページのトップへ移動