京の華.JPG

 


本日、初市で分けて頂いた新茶が仕上がったので、早速再審査を行いました。

滋味、香気共に、お客様へ胸を張ってご提供できる品質で一安心です。

次回以降の買付けの茶と吟味して、ご予約分のお茶を調製していく予定ですが、単品でも充分美味しい新茶ですので、期間・数量を限定して特別に販売をする事に致します。

「初市新茶 京の華 40g 袋入 2160円」

「初市新茶 京の華 100g缶入 5400円」

京都府和束町の単一茶農家で、4月18-19日の茶摘の茶を丁寧に仕上げした新茶です。

(品種:サエミドリ)

決して金額は安くございませんが、それだけの価値のある新茶でございます。

「京錦」・「初づみ」がご用意できるまでの限定期間(1週間程度)である事と、数量を絞って販売致しますので、通常のインターネットの通販ページには記載を致しません。

ご購入をご希望のお客様はお手数をお掛けしますが、お電話(0774-22-5318)、メール(uji@otya.co.jp)、FAX(0774-22-3187)にて承りますので、数量、グラム数等のご指示いただけましたら幸いです。

平成28年宇治茶初市

2016初市.png
昨日、平成28年の京都府産新茶初市が茶市場にて開催されました。
昨年より4日早い為、荒茶の上場も47点391kgと若干少な目に感じました。

ヤブキタ等の中生品種はまだ少なく、早生品種の「さえみどり」「めいりょく」が目立ったように思います。
その中でもキラッと光る「滋味」と「新茶らしい香気」に優れた荒茶もあり、
本格シーズンに向けて期待を持つことができました。
例年の事ですが、ご予約のお客様に品質の良い茶をお届けする為、締切時間ぎりぎりまで、
何度も茶審査を行い、父と「これなら!」と思う厳選した12の茶種に対して応札を行いました。

結果は45kgと上場の10%強の上質な荒茶を分けて頂く事ができました。
勿論、新茶「京錦」・「初づみ」には、主軸の茶として配合をする予定ですが、
ご予約分のお茶を調製する為にはまだ全く足りません。

次回の市は土曜で、少し間があきますので上場する茶も増えると期待をしております。

生産家の皆様や茶業の先輩諸兄の皆様に助けられながら家業を続けられている事に
感謝と敬意をもって買付をさせていただきつつ、
お客様へ高品質のお茶を適正な価格でお届けする為に荒茶の「審査・買付」、
「仕上・調製」と細心の注意を払い行います。


ご予約のお客様にはもう少々お時間を頂きますようお願い申し上げます。

新茶予約受付中

新芽.JPG

トップページのご案内の通り、本年も既に新茶のご予約を承っております。

春先の天候は落ち着きなく、初夏の暖かを感じたと思えば、翌日は急に寒くなったり一抹の不安は残しておりますが、全体的には温かく本年の茶市場の初市は例年より早く開催をされる予定です。

有難いことに、お客様からの予約のご注文も例年よりも大変多く頂戴しておりますので、父と共に気を引き締めて新茶の仕入に挑む覚悟です。

お客様にお待ちいただく時間を短くする為に、良品をできるだけ多く買い付けしたいのですが、茶市場の仕入れに関しては当店のお茶としてお客様に出せるものだけを厳選して行います。

その為、断腸の思いで見送る場合もございますが、全てはお待ちのお客様へ美味しいお茶をお届けする為でございますので、お届けまでお時間を頂く事、ご容赦をいただけますようお願い致します。

写真は工場に植えている在来種の新芽です。毎年、これを見ると新茶への期待が膨らみます。

 

このページのトップへ移動