新茶状況

2017年5月 7日 11:10

新茶試験.JPG

昨日は本年4回目の市場取引でした。上場する荒茶も大変多く宇治新茶の本格的幕開けを感じます。

私も京錦・相生(新茶名:初づみ)・喜撰(新茶名:さつき)の軸となる宇治の高級煎茶を確保する為、父と二人で審査し、悩みつつ少し強気で応札を致しました。

結果16513kgの良い荒茶を分けて頂く事ができました。

落札できた荒茶を昨日の深夜に再チェックを致しましたが、どこへ出しても恥ずかしくない品質の新茶です。良いお茶を分けて頂いて生産者様と京都茶市場へは本当に感謝を致します。

また、昨日は京都府産「手摘み玉露」が初上場しました。その中でも京田辺市の最上級品を分けて頂く事が出来ました(写真 最右側)。香り、旨み共に申し分なく、京誉・玉翠の原料とする予定です。ご予約のお客様のご期待の沿える逸品で間違いございませんので、発売まではもう少々お待ちいただけますと幸いです。

このページのトップへ移動