2018年 宇治新茶初市

 

2018年初市.png

 

 

昨日の4月22日(日)昨年よりも6日早く、京都府産の新茶初市が開催されました。

4月の温暖な気候が影響し、初日にも関わらず183点、2トン弱も上場され、活気にあふれる初市となりました。

例年になく3割近く「やぶきた」品種も上場されており、早生品種には大きく育ったものも目立ちました。ご予約のお客様へ高品質の新茶を早くお届けする為に、会長と一緒に何度も審査し、宇治田原町の手摘み煎茶と和束町の煎茶、合計14点114キロの最高品質の宇治新茶を分けて頂く事ができました。

早速、本店奥の工場で昨日の午後より仕上加工を行い、何とか本日中に全ての加工を終えましたので、本日より「生新茶」は店頭にて販売を開始させて頂きました。

また、明日より「初市新茶 京の華」の販売を開始致します。和束町の単一茶園、品種は「さえみどり」です、是非、ご予約下さい。

茶市場での仕入から加工と販売や通販等の事務業務を兼務で行うのはさすがに体がキツイですが、お客様へ美味しい宇治の新茶をお届けする為、明日も茶市場で頑張ります!

 

↓「生新茶」「初市新茶 京の華」のご予約注文は以下のリンクよりご注文いただけます。

http://www.otya.co.jp/shopping/standard/standardother/

新茶のご予約受付中

 

ほんず茶園.jpg


本年も宇治新茶の季節が近づいて参りました。

既にダイレクトメールにてご案内を致しましたお客様からは、多くのご予約を頂戴致しまして有難うございます。

また、ホームページのトップより新茶のご予約を承っております。

今年の限定商品は、昨年大変好評を賜り、即完売した単一茶園の「初市新茶 京の華」と、もう一品、火入乾燥をせずに荒茶の鮮烈な香りを残すように仕上げ加工を行う「生新茶」の二品をご予約のみで限定販売させて頂きます。

本日現在、この二品は予想以上のご予約を頂戴しております、初市に向けて気が引き締まる思いです。

写真は宇治白川の生産家、柴田さんの本簀(ほんず)茶園です。遮光用の稲藁(いなわら)も葦簀(よしず)の上にあげられて準備をされていらしゃいました。今年もこちらの茶園より貴重な本簀玉露を分けて頂き、玉露「瑞仙」として皆様へお届けする予定です。

「初市新茶 京の華」「生煎茶」「本簀玉露 瑞仙」この3品は「季節限定品」にてご予約を受け付けております。

http://www.otya.co.jp/shopping/standard/standardother/


この機会に是非ご予約下さい。


 

このページのトップへ移動