新年の御挨拶

あけましておめでとうございます。

昨年は宇治市内産のみで調製をした「抹茶」や「本簀栽培玉露」等の新しい取り組みを行った年でした。また、大変多くのお客様にご愛顧をいただきましてありがとうございました。

本年も引き続き新たな商品の検討や、茶の品質向上に努め、お客様に美味しいお茶をご提供できるよう精進を続けます。

さて、弊店は本日、1月2日より営業を致しております。毎年好評をいただいている福袋もご用意してお待ちしております(抹茶・煎茶・玉露・雁ヶ音・ほうじ茶・玄米茶・粗品の5点で3900円)。1月4日までは初売り営業となっておりますので、宇治へおいでの際は、是非お立ち寄りください。

 

初市新茶審査

 

 

新茶検査20150426.JPG


昨日の夜、初市の新茶の仕上加工が完了したので、茶葉の審査と配合の検討を行いました。


宇治茶らしい上品な香気、旨み、色等、最高品質の茶葉だと断言ができるものばかりでした。

京錦・初づみに配合決定です。ご予約分にはまだまだ不足しておりますので、明日の茶市場でもしっかり吟味をしてきたいと存じます。

このような良質の新茶を分けていただき生産家の皆様に感謝をすると共に、次回以降の市場も大変期待が高まります。

新茶のご予約も引き続き受付してございますので、よろしくお願い致します。

茶香服その2

 

茶香服三団.JPG

 

3月11日に宇治市茶業青年会主催の茶香服大会が開催され、

宇治市内より、宇治・東宇治・小倉の茶業青年団の選手30名にて行われました。

運よく優勝でき、宇治市長賞を頂戴致しました。

本年は、本当に多くのアドバイスを青年団や茶業の諸先輩方より頂戴致しました。

次回以降も感謝の心を忘れずに、慢心せず頑張ります。


個人的な考えですが、美味しいお茶をつくる為には、仕入時の目利き(価格や品質)や、

茶葉の特徴を掴んで配合を決める技術が重要であり、茶香服の技術の向上自体が、

直接美味しいお茶をつくる事の要件ではないと考えております

ただ、茶香服の技術は茶葉の特徴を捉える為に重要な技術ですので、

今後も技術の習得に励みたいと思います。

茶香服

 

茶香服.jpg

 

茶香服とは、南北朝のころの「闘茶」が起源とされ、栂尾一帯の「本茶」か、他産地の「非茶」かを飲み分ける遊びからできた競技です。 

宇治茶業青年団では、玉露2種、煎茶3種を用い、それぞれの茶に花・鳥・風・月・客の名前をつけて熱湯をさし、90秒たったもので飲み分けます。一回飲むごとに、自分の思った茶銘の種別札を札箱に入れます。そして(5回)すめば札箱をあけて採点します。これを4回繰り返してその合計点で順位を決めます。 

※一部宇治市ホームページより抜粋 

 

宇治茶業青年団での茶香服も3年目を迎えましたが、本年は優勝をすることができました。

これも青年団や茶業の先輩方よりご指導やアドバイスをいただいた結果ですので、非常に有難く感謝をしております。

茶香服の技術の向上自体は、美味しいお茶を作る条件にはなりませんが、ひとつの励みとなります。 

 

何よりも喜ばしかった事は、カップのリボンに歴代の優勝者の名前があり、昭和42年優勝の父と並べて自分の名前を記せたことです。

あけましておめでとうございます。

昨年は平等院落成もあり、大変多くのお客様が宇治へいらっしゃいました。

また、宇治上神社も無事に改修を終え、早速新年のお参りのお客様も多く見受けられました。

さて、弊店は本日、1月2日より営業を致しております。毎年好評をいただいている福袋もご用意してお待ちしております。1月4日までは初売り営業となっておりますので、宇治へおいでの際は、是非お立ち寄りください。

 

 


20150102灯篭.png

 

 

篩の勉強


 

芯抜き2.jpeg


新茶の季節も終わり、御中元の予約も落ち着いた為、昨日は工場で「芯抜き」の手作業を行っておりました。

店頭より引揚げた昨年のお茶を写真のように篩(ふるい)にかけて、まずは大きめの葉と細かい葉に選別をし、前者はほうじ茶の原料として使用し、後者は再度篩にかけて綺麗な葉とより細かい芯に選別をします。

当店はこの作業を写真の篩を使い手作業にて行います。網目が同じなので篩をかける時間や量、そしてふるい方等、様々なコツがあるのですが、こればかりは、体で覚えるしかなく四苦八苦しております。

 当店の会長は、一度の篩で選別ができるのですが、私は数度繰り返して何とか選別をしました。

この篩、もう修理できる職人さんが殆どいない今では珍しい篩のようです。

勿論、機械であれば同じ事をもっと楽にできるのでしょうが、このような作業も茶師の伝統技術ですので、しっかり体得し次世代へ伝承できるよう日々精進します。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

当店は本日、1月2日より営業してございます。
本日より1月4日までは、初売り期間中とし、営業時間を10:00~16:00とさせていただき、福袋をご準備しております。
例年福袋が早めに完売する為、本年は数量を少し増やしておりますので、宇治にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

本年も、お客様により良いお茶をご提供できるよう、日々精進してまいります。

第35回宇治茶品評会

品評会.JPG 

10月22日に宇治茶品評会の入札販売会が開催されました。
最近の傾向として、煎茶の露地栽培の特徴が再評価されているようです。
茶葉は一見、色が少しあせたようにも見えますが、熱湯で検査をすると、水色、香りは、「うーん、成程!」と唸るよいお茶もございました。
勿論慈味も非常に大切ですが、良質の渋みと上品な香りも併せ持った煎茶本来の味が再評価されていると感じます。

さて、当店のお茶ですが、出品した煎茶は全部門で優勝と入賞を致しました。
例年、店頭で販売している商品を客観的に評価する為に出品をしておりますので、
特に出品用にお茶を作っているわけではございません。
しかし、まさか2年連続で優勝ができるとは、予想だにしておらず、大変嬉しく思いました。

優勝茶は、本年も「煎茶 梅」という茶銘で限定販売を致します。
上級煎茶の相生や徒然などと比較すると、甘味の後に爽やかな香りと共に良質の渋みを感じて、後味がさっぱりするのが特徴です。
「まったり」より「さっぱり」とした味がお好みの方や、熱めのお湯でお手軽に召し上がるお茶として、お勧めです。

煎茶カテゴリーの一番下にございますので、この機会に是非、お召し上がりください。

■受賞一覧 

商品名:煎茶「梅」  (1,500円/200g袋)
優勝(煎茶梅部門)
農林水産省近畿農政局長賞
京都府知事賞
宇治市長賞

商品名:煎茶「相生」 (2,100円/100g袋)
全国農業協同組合連合会
京都府本部会長賞(煎茶松部門)

 商品名:煎茶「徒然」(1,260円/100g袋)
京都府茶取引安定基金協会 理事長賞(煎茶竹部門)

手織りの商品置いてます。

志津川福祉の園.jpg7月から宇治橋通り本店で、手織りのコースター・ちりめん巾着・お財布などを、販売しております。

志津川を少し上がったところにあります「社会福祉法人 志津川福祉の園」の皆さまが、ひとつひとつ手作業で作成された一点もので、しっかりした作りをしております。なお、当店では巾着・コースターが人気でございます。

まずは、10月末まで試験販売期間となっておりますが、ご来店の折に、是非ご覧ください。

新年を迎えて

千両.jpg新年明けましておめでとうございます。大門店勤務のYです。

 

お正月の2日から営業させて頂いております。今年は喫茶も営ませていただき、たくさんのお客様に来ていただきました。ありがとうございます。

 

家の庭の片隅に千両がきれいに実をつけました。花の咲いている時は気付かずに過ごしてしまいがちですが、寒さが増してくると美しく色づきます。万両と並び、縁起物としてお正月飾りなどに使われることが多い植物です。私もこれにならい、日々黙々と精進し、お客様に喜んでいただけるよう努力致します。

今年も社員一同心を一つにして邁進致します。引き続き本年も、“お茶のかんばやし”を御贔屓のほど、宜しくお願い申し上げます。

お正月のお祝い茶『大福茶』

大福茶.jpg大門店勤務のYです。今年も残すところあとわずか。何かやり残したことだらけ。アッという間の一年でした。

新春の「大福茶」のご準備はいかがですか。

「大福茶」は、関西地方で、お正月のお祝い茶として飲まれる梅干や結び昆布などの入ったお茶です。昔、梅干しの入ったお茶で病に苦しむ人々を救ったとされており、当時の村上天皇が飲まれたことにより“皇服茶”の名前がつき、幸福と関連づけて“大福”の文字があてられるようになったとされる説もあるようです。年の初めに縁起の良いお茶を飲んで無病息災をお祈りしてはいかがでしょうか。一度、お試しください。

 

また、好評につきお正月には『福袋』をご用意させて頂きます。抹茶・玉露・煎茶・玄米茶・ほうじ茶・粗品も入って3,900円(小売価格5,775円)。大変お買得になっております。お求めはお早めに。

年末は、31日まで。お正月は210時よりの営業となります。

私も宇治橋通り本店にて接客させて頂きます。ぜひお立ち寄りくださいませ。お待ち致しております。

宇治川花火大会

今週10日の金曜日は毎年恒例の宇治川花火大会が開催されます。源氏物語をテーマに、関西では大規模な7000発の花火が夜空を舞います。当店も通常より遅くまで開店している予定です。煎茶、ほうじ茶の試飲サービスをしていますので、是非お立ち寄り下さいね。19:45~打ち上げ。雨天時は8/13(月)に延期されます。

猛暑

連日、猛暑が続いています。体調の管理が難しいですね。妊娠8カ月の私は、ひときわ暑い夏を過ごしております・・・。家のすぐそばに平等院があるのですが、高い木が多いせいか、蝉の声が強烈で、余計暑さを感じます。

2012072710310000.jpg

さて、先日より宇治橋通り本店の方では、いつもの煎茶徒然の試飲を、お客様に水出しでお出ししております。こんな風に大き目のポットで、20分ほど冷蔵庫の中で浸して作っております。色も変わりにくいので、ある程度の作り置きも大丈夫ですよ。甘く、スッキリしたお味はお客様に大好評です。

2012072715180000.jpg

新茶発売!

新茶‘京錦'、‘初づみ'を本日発売させていただきました。店頭に出せば、すぐ売り切れるという状況で、大変好評を頂いております。

この時期だけ、50g袋の少量サイズよりお求め頂けますので、是非お試しになってください。

発送予約をお受付させていただいているお客様は、順次出荷しておりますので、今しばらくお待ちくださいませ。

2012042918360000.jpg

新茶ご予約

2012042515320000.jpgただ今、弊社は新茶予約受付の真っ最中です。やっと本格的に暖かくなってきて、予定通りの発売日で行けそうかなというところです。沢山のご予約ありがとうございます。まだまだお受付させて頂いていおりますので、是非お申し付け下さい。

先日より、新茶のご予約受付を開始致しました。店頭にも見本をディスプレイさせて頂いておりますので、是非見にいらして下さい。

今年も昨年に続き、寒い4月となっております。例年よりも少し遅れての発売になるかもしれませんが、皆様の期待を裏切らないような商品を、と思っておりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2012040612200000.jpg

 

受賞

3月ももうすぐ終わりになりました。長らくブログをお休みしてしまいました。体の調子をすっかりくずし、家族や会社の方に、ご迷惑・ご心配をかけてしまいました。まだ本調子ではないのですが、そろそろ観光シーズンに突入、新茶の準備など、何とか頑張りたいと思っています。

さて、先日、授賞式がありました。当社の玉露と煎茶が入賞致しました。

今後もお茶作りに真摯に取り組む姿勢を大切に、精進して行きたいと思います。

 

 2012033015250000.jpg2012033015260000.jpg

 

新年ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

皆さま良い年明けをお迎えになられましたでしょうか。

さて、当店は昨日から営業させていただいております。昨日は雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、今日は冬晴れの空、初詣の方が多いです。宇治神社では初詣の長蛇の列ができてるそうです。私は、まだ初詣に行けていないので、落ち着いてから行こうかなと。。

2012年も、気持ちを新たに引き締め、コツコツと地道ではありますが、従業員一同精一杯頑張ります!今年もどうぞ御引立ての程、宜しくお願い申し上げます。

 

2011年

も残すところあと一日となりました。ブログブログと思いながら、今年は年末になればなるほど、お陰様でバタバタと忙しく、随分書いていないですね・・・

当店は明日も終日営業、元旦のみのお休み、2日~4日までの間は時間を短縮し10時~16時までの営業とさせて頂いております。福袋も発売させていただきますので、初詣がてらどうぞお越しください!

最後に本年も当店をご利用いただき、誠に有難うございました。2012年も皆様にとって、素晴らしい一年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

 

お正月 福袋

CAJV8ZPT.jpg大門店勤務のYです。

いよいよ年の瀬も押し詰まってまいりました。

大門店では、お正月用の福袋の製作に取りかかったところです。ブログをご覧の皆様へ福袋の内容を写真入りで紹介しちゃいます。薄茶大福(抹茶)・神心(玉露)・九重(煎茶)・うきはし(玄米茶)・かつらぎ(ほうじ茶)の5点に粗品もお付けして、3,900円(中身は5,775円相当のお品です)!!1年の感謝をこめて販売させて頂きます。

お正月は210時よりの営業となります。私も平等院店にて接客させてい頂きます。ぜひぜひお越しください。お待ち致しております。

 

大福茶

12月あっという間の1週間。お陰様でバタバタとしております。

さて、今月に入りお正月用のお抹茶、「濃茶大福」「薄茶大福」を発売させていただきました。各30g缶入りで濃茶が3150円、薄茶が1575円でございます。1月末日までの発売となっておりますので、お初釜や、お正月の家族団欒でお使い頂きますと幸いです。こちらはホームページよりお買い求め頂けます。2011120618440001.jpg

 

あと、このお正月用大福煎茶(100g袋1680円)に関しましては、今のところ店頭販売のみでございますが、このおめでたい感じの袋とバラ売りの梅・昆布(各2個入り105円)をセットにしてお土産やお年賀として、お陰様で好評を頂いております。2011120618430000.jpg

 宇治の紅葉も今が一番の見頃です!是非お立ち寄り下さい。

 

ミニライトアップ

2011111817550001.jpg

昨日、店を閉める少し前のこと。店の前でお客さんの気配が。。でも商品ではないところに視線があり、何だろうと思い見てみると、お店の看板のライトが下の植えこみのドウダンツツジの紅葉を照らし出し、その綺麗な様を眺めておられました。まさにミニライトアップ!見事です。紅葉を見に行きたいのですが、なかなか時間もなく、、、とりあえずこの紅葉で我慢です。

 2011111817550003.jpg

茶摘図

2011111208330000.jpg

 こちらは、江戸時代の宇治の茶師・上林清泉が幕末に描いたとみられる「宇治茶摘図」。このほど、弊社会長のもとに購入の話があり、報道陣に公開させて頂きました。今朝の各新聞に掲載されております。上林清泉は江戸時代の茶師上林一族の一人で、上林牛加家の十代目。茶の古木で作る茶の木人形の創始者で、宇治の名所や茶摘みを丹念に描いた絵で知られています。清泉は、仙台・伊達家にお茶の他、自らが描いた絵も献上しており、伊達家に献上された絵が巡り巡って約170年ぶりに宇治に帰ってきたのではないかと推測されます。とても保存状態がよく、大事にしてもらっていたのではないでしょうか。この絵は現在掛軸に表装されており、縦34㎝、横55㎝。宇治茶伝統のよしずとわれで覆う本簀栽培の茶園が続き、一人一人、表情の違う茶摘み娘が描かれています。現物は御軸なので、店にはありませんが、宇治橋通り本店に写真を展示させて頂いておりますので、お気軽にご覧ください。

御歳暮受付

2011110313210000.jpg先日より御歳暮のご予約受付を開始させて頂きました。今年も御歳暮をお申込みのお客様にはオリジナルカレンダーをプレゼントさせていただいております。先着1000名様までですので、お早めにお申込み下さい。(カレンダー希望の旨、必ずお申し出下さい。)

ここ数日、暖かい日が続いていますが、来週あたりから寒くなるようです。いよいよ日本茶の出番です。夏を越したお茶の葉は、お味も落ち着き、コクがでてきて、今が一番美味しい時期です。食欲の秋と言いますが、お茶も是非どうぞ。私は先日、焼き栗を頂きました。まさに秋です!

 

10月の宇治

来月の宇治はイベントが沢山あります。まず、毎年恒例の「宇治茶まつり」が2日(日)に。今年は第60回記念で、裏千家お家元がお越しになり、御献茶式がとり行われます。

8日(土)は京都文教大学による宇治茶スタンプラリーが開催!お茶のかんばやし宇治橋通り本店も、スタンプポイントになっております。参加費無料、参加賞もあります。また、茶香服体験、聞き茶巡り、学生さんたちによる宇治茶ガイドツアー(①宇治茶を知るコースに当店も入っています)など、今年は8日に面白いイベントが目白押しです。3連休初日は是非宇治に!!

2011092610380000.jpg2011092610370002.jpg

 

敬老の日

9月になりました。今年の敬老の日は9/19(月)です。そろそろ敬老の日のお贈り物のご注文を頂き始めております。ありがとうございます。歳をとるにつれ、自然と日本茶が美味しく感じる、若いころは思わなかったのに、とよく店で耳にします。ちょうど秋の気配がするお茶の美味しい時期、おじいちゃん、おばあちゃんにお茶で日頃の感謝を伝えてはいかがでしょうか。

町内会などでは100グラム袋入りをよくお使いいただきます。煎茶、龍趐など多数ございます。

2011090111280000.jpg

また、少量でいいものをお求めの方も多く、最高級煎茶京雅や、玉露と煎茶のセットなんかもお勧めです。

2011082817160000.jpg2011082817170001.jpg

喫茶かんばやし

2011082817040000.jpg今年は昨年に比べ、お陰様で、喫茶に来て頂くお客様が大変多いです。ご近所のリピーターの方も多くなりました。当店はお茶にこだわった喫茶で、今流行りのスイーツなんかは一切なく、お抹茶2種、玉露、煎茶の4メニューだけです。(和菓子は付いております。)ほんものの味を知っていただきたいという想いで、始めた喫茶でなので、若い方で今まで、お茶に親しんでいらっしゃらない方も、一口飲まれて、その美味しさにびっくりされると本当に嬉しく感じます。今年はこのような宇治茶カフェを紹介した冊子も出ています。(日本茶インストラクターがいる宇治茶カフェは京都府下で現在18店舗です)当店ではこの暑い時期は、つめた~い冷抹茶もご用意しております。是非お試しください。

 

 

花火大会の日 お詫び

8/10は、花火大会でした。昨年よりも人通りが多かったように思います。夕方から喫茶のお客様が重なり、沢山のお客様をご案内することができず、又、随分待っていただいたお客様もいらっしゃり、大変申し訳ございませんでした。来年からはちょっと考えないとなぁと思っております。

さて、皆様、お盆の用意はお済みですか?ここ数日は、帰省のお土産やお寺さんへの御礼などで、ご進物をお探しのお客様が多くご来店いただいております。大門店はお休みをいただいておりますが、宇治橋通り本店、平等院店とも、休みなく営業させていただいております。どうぞ、お立ち寄りください。

宇治川花火大会

MA330018.jpg大門店勤務のYです。

810日は宇治川花火大会でした。

今年は天候に恵まれ、多くの人で賑わいました。

正午より1時間おきに数発 時報のように花火が上がります。そのたびに前回紹介したうちの愛娘(犬)はどこで音がするのか必死で探しまわります。 夜になってさあ本番。家の前に出ると、通りの真正面に花火を見ることができます。ご近所さんみなさん椅子を持ち出して、お孫さんとかが遊びに来てたりして、とても賑やかです。鮮やかな色の花火が次々と弾けます。今年のテーマは源氏ろまん。ワン子を抱いて音の中へ。ワン子もジッと花火を見上げていました。これで音の正体わかってくれたかな。

新茶予約

2011042018350000.jpg急にまた肌寒い日が続きました。新茶のご予約を頂いているお客様ありがとうございます。カタログでは一応4/20までとご案内しておりますが、まだまだお受付させていただきますので、引き続き宜しくお願い致します。そして、今年はこの気候の関係で、例年よりも出荷が遅れる気配です。何卒ご了承くださいませ。

また、今年は母の日も早いんですね・・・5/1が日曜なので2週目の日曜が5/8!母の日着のお品だけは何とか間に合ってもらわないと・・・どんどん暖かくなってほしいですね。

2011021917250000.jpg今日は春の気配を感じる穏やかな日でした。観光客の方も沢山宇治にいらして、賑やかな1日でした。

こちらは建仁寺、元管長の故竹田益州さんの書です。温かな日が待ち遠しい・・・春に生まれる生命の力強さも感じます。今の季節にぴったりです。

有難うございました。

 

2010年もラスト一日。今年も皆様方には格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

一年、本当にあっという間です。来年も皆様方の信頼を裏切らぬよう、日々、努力を惜しまず、精進して参りたいと従業員一同思っております。何卒、宜しくお願い申し上げます。

初売りは1月2日、10時より、宇治橋通り本店と平等院通店では特別福袋の販売を致しております(4日まで 各日限定30袋)。日頃の感謝をこめて3,900円(サンキュープライス)にて、中身は抹茶や玉露、煎茶、玄米茶、ほうじ茶など6,000円相当のお品が入っております。

お正月、おくつろぎの頃かとは存じますが、どうそお越しくださいませ。

2010123109260000.jpg

最後になりましたが、来年も皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

事始め

昨日、12/13は事始めでしたね。もともと事始めは江戸幕府がこの日からお正月の準備をし始めたことからきているようです。ニュースでは舞子さんがお茶屋に挨拶に行ったりする様子が毎年流れますね。お正月の準備といっても、師走はなかなか忙しくてできないもの・・・大掃除に、年賀状、お餅、門松、しめ縄・・・そしてお茶の準備もお忘れなく!年内は大晦日まで営業しております。

そして忙しくても息抜きも必要です。出かけた先でイルミネーションが・・・綺麗。

2010121219230000.jpg

Price List

最近、外国の方で、日本茶が好きな方が多いように思います。韓国や中国では日本茶に近いものを普段から飲まれているので、お買い求めの方も以前から多かったのですが、最近は、西洋の方、特にドイツやスイス、フランスの方のご購入者が多いです。確実に日本茶が浸透していっています。明治時代は日本茶のアメリカへの輸出がとても多かったのですが、当時はアメリカでは、日本茶にお砂糖やミルクを入れて、紅茶のように飲まれていました。それが、今ヨーロッパでは、私たちが日本茶を飲んでいるようなやり方で、広まっています。

今日、1人のドイツ人男性が来られたました。観光の方だなと思い、応対すると、弊社の英語版の値段表を持ってらっしゃいました。平等院の支店で渡されたのかと聞くと、1年前にこちらに来てもらったものを、再度持って来られたとのこと。昨年ご購入のものに、マーカーが引いてあり、今度は違うものをということで、ご来店いただきました。たった1枚のA4の紙を遠い異国で大事にとっていただいて、ただただ嬉しかったです!今年ご購入の物に違う色でマーカーを引かせていただき、また来年のお約束をしました。

2010102415440000.jpg

10月の宇治

今月の宇治は行事が盛りだくさんです!今日はあいにくの雨でしたが、茶まつりが開催されました。昔、秀吉が茶会に使う水を汲んだという宇治橋の三の間から水を汲み上げ、興聖寺に運び、その水を使ってお抹茶をたてる献茶式がとりおこなわれました。

2010100309190000.jpg

また、10/1~10/11の間はにぎわい茶回廊スタンプラリーが実施されています。のぼりがあるお店でスタンプを3つ集めると、抽選で宇治の名産品が当ります。弊店も参加していますので、是非お立ち寄り下さい。

また10/9~10/11の連休には宇治灯り絵巻が開催。世界遺産の平等院や宇治上神社、各道がライトアップされます。普段とは違う幻想的な雰囲気が味わえます。 

10月の後半の土日からは、毎年恒例のスタンプラリーもまた開催されますので、是非10月は宇治に!お越しください。

2周年記念と個展

2010092814020000.jpg早いもので弊社宇治橋通り本店が現在の地に移転し、丸2年が経ちました。山あり谷ありの2年間でしたが、無事3年目を迎えることになりました。これも一重に皆様方のお陰と感謝申し上げます。

2周年を記念いたしまして、10/1(金)~10/15(金)の2週間、ご来店のお客様に、ささやかではございすが、粗品をお渡しさせていただきます。2,100円以上ご購入のお客様には当店特製おふきんを、5,250円以上ご購入のお客様には茶の葉煎餅1箱もしくは、本店2F喫茶かんばやしでお抹茶630円を半額で提供させていただきます。詳しくはチラシをご覧下さい。

加えて・・・宇治橋通り本店向いのギャラリー宇治橋にて、10/1(金)~10/7(木)の間、当社社長による趣味の油絵とお茶碗の個展を開催させていただきます。もちろん入場無料でございますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただきますようお願い申し上げます。

 

千代保稲荷大社

先日、名古屋から京都に帰る途中、寄り道をして岐阜県海津市の千代保稲荷大社に行って来ました。通称“おちょぼさん”と呼ばれるこの神社は、私は知らなかったのですが、東海地方では商売繁盛の神社で有名だそうです。お稲荷さんの好物の油あげを供えて、商売繁盛をお願いします。普段、私は神社では健康祈願しかしないのですが、せっかくなのでちゃっかり、末長い商売繁盛をお願いしてきました。

2010082115170000.jpg2010082115120000.jpg

  

喫茶かんばやし

2010062214080000.jpg喫茶かんばやしのお菓子、今は鼓月さんの「京の離宮」です。

7月より冷抹茶も始めました。是非、お越し下さい。

茶の木人形

2010062417500000.jpg地元、宇治の人も今はなかなか知らない「茶の木人形」。店に飾っているのですが、先日、ご存じのお客様がいらっしゃいました。茶の老木を彫り、色を付けたもので、茶摘をする女の人のものが一番多いようです。茶の木は非常に固く、彫りづらいため、一日に数個しか作れません。茶の木人形彫りの名人、江戸後期の上林清泉や次男の楽之軒のあとはなかなか後継者がなく、今は衰退しています。昔は縁起物として、朝廷への献上品などにも使われていたようです。

紫陽花

2010061416400001.jpg

表の花壇の紫陽花が咲き始めて来ました。どうもうちの土は青色系に咲かせてくれるようです。

 

 最近、三室戸寺の紫陽花を見に来られるお客様が多いです。花寺と称される三室戸寺の一番の目玉は紫陽花です。6月だけ、宇治駅からバスも運行されています。宇治にお越しの際は是非。

 

 そして、珍しい花が表にもう一つ。一見、半夏生のように見えますが、種子島や台湾原産のコンロンカという花です。道行く人に度々尋ねられます。カンコンロとかカランコロンとか中々覚えられませんでしたが、やっと覚えました、「コンロンカ」。

 2010061416400002.jpg

 

 

 

庭 散髪

2010052509560000.jpg今日は庭師さんが入ってくださいました。ちょうど伸びてきたな~と思っていたところなので、庭木もすっきりしました。

去年咲かなかった紫陽花も、今年は咲きそう!嬉しくて何色ですか~?と尋ねましたが、咲いてみないと判らないそう。紫陽花は土壌が酸性かアルカリ性かによって色が違うそうです。楽しみです。2010052509560001.jpg

新茶予約

なかなかブログを書く時間が取れない日々が続きました。本日、新茶のご予約を頂いていた分の発送をやっと終えることができました。(発売が遅い時期のもの(玉露等)は除く。)

今年はやはり、少し遅れ気味になり、皆様にはお電話等いただき、ご心配をお掛けいたしました。大変申し訳ございませんでした。

飲んでいただいて、感想などいただきありがとうございます。また追加のご注文など嬉しい限りです。まだまだお受付はさせていただいておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

新茶

新茶のご予約をしていただいているお客様、ありがとうございます。順に確認のお電話等、させていただいていますが、なかなか遅れていまして、申し訳ございません。新茶の発売時期は、今年はこんな天候ですので、なかなか読めないのですが、当初のご案内通り、今月末~5月にかけて順々に発売できそうです。一部では霜の被害等、報告されていますが、弊社はもともと厳選した茶の葉のみで、手広くはしていない分、影響はないと見ています。早く美味しい新茶を、皆様のもとにお届けできるよう頑張りますので、宜しくお願い致します。2010041816170000.jpg店舗前の苗木(鑑賞用ですが・・・)

ギャラリー

2010030717500000.jpgお茶のかんばやし宇治橋通り本店2F、“喫茶かんばやし”に展示させていただいている陶器です。全て弊社社長の作品です。最近富士山で描いてきた油絵など・・・写真も・・・なんとなく社長のギャラリー化している店内です。掃除のときは皆気を使います。割ったら大変・・・

ご来店の際はどうぞご覧くださいませ。

2010030717500001.jpg

2010030917240000.jpgお茶をしていると書にふれる機会が多くなりますが、勉強不足で読めなかったり、意味が判らなかったり、なかなか難しいです。が、判らなくても書から伝わるもので時々ピンと来るものがあります。これは、妙心寺・古川大航92歳の時の書です。洋花とのバランスが気に入り、思わず写真を撮りました・・・

喫茶かんばやし

2010030717280000.jpg宇治橋通り本店2F喫茶かんばやしでのただ今のお菓子、総本家駿河屋さんの“桜しぐれ”です。美味しいと好評です。ピンク色が可愛らしいです。早く本物の桜が見たくなります。

土呂

2010030716360000.jpg先日、愛知県岡崎市の福岡学区文化財保存委員会の方が来店されました。何度目かの来店です。今から2年前ぐらいだったと思います。店にいた私は、突然、上林竹庵のお墓はどこにありますか?と聞かれ、碑は平等院にあったと思いますが・・・と曖昧に答えました。よくよく聞くと、土呂(今の愛知県岡崎市福岡地区)の松平念誓(家康の長男、信康の補佐役だった)と、我々の先祖である上林竹庵の繋がりをお調べになられているとのとでした。

家康も秀吉と同じようにお茶が好きだったようで、宇治の製茶師の一族である上林政重(竹庵)を土呂に呼び寄せ、土呂郷の支配と製茶を命じました。その後、新たに上林政重(竹庵)は松平念誓とともに製茶を命じらることになりました。そんな繋がりがあったとは・・・

その後、竹庵は宇治に戻り、宇治茶の栽培に専念するのですが、慶長5年、鳥居元忠らとともに伏見城にこもって戦死し、その功績を買われて、上林家はお茶壷道中を取り仕切るお茶師に命ぜられました。  

(写真は宇治橋通り本店にある伏見城攻図。上林竹庵の名があります。)     

歴史は深いです。たぶん、もっと色んなところで色んな方と繋がっているのでしょう。

お花

桃の花と薔薇と菊たち・・・和洋折衷で何だかよくわからないですが、可愛らしいです。 。2010022817470000.jpg

ひな人形

今年もお雛祭の季節が来ました。お店では埼玉県、光陽さんの“想い雛”を今年も飾りました。可愛らしいです。2010022311440000.jpg

ご案内

ご近所の皆様、遠方の皆様、いつも弊店をご利用いただきまして、本当にありがとうございます。

さて、お茶のかんばやし宇治橋通り本店は、2008年10月、上林記念館隣より、三軒宇治橋寄りに移転いたしました。これはやむを得ない事情があったのですが・・・ここで事情を申し上げてもいいのですが、色々と問題にされるのは本意ではないので控えておきます。今は、従来のお客様にも、新しいお客様にも現在の店を可愛がっていただき、非常に有難く思っています。

ですが、旧店舗跡地に同業他社が新しい店を出すことになったようです。いつもお茶のかんばやしでお買い求め頂いているお客様が、同じお店だと思われ、味が違うことに落胆されるのが、一番恐いです。お茶の名前と、価格は同じですので・・・一緒だと思われる方も多いのではと・・・私どもの店名平仮名“お茶のかんばやし”(登録商標)でございます。

非常にややこしく、皆様を混乱させてしまうのですが、お茶のかんばやし宇治橋通り本店は新しい地で頑張らせていただいています。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 2010022110590002.jpgお茶のかんばやし宇治橋通り本店(移転後)

 

友人

2010022115190000.jpg2010022115460000.jpg

今日の宇治は春みたいな気候で、人通りが多かったです。そんな中、友人が店にお買い物に来てくれました。会うのは一年振りぐらいだったので嬉しかったです。しかも、こんな可愛いお土産までいただきました☆友人と旦那さんと旦那さんの弟です。この弟君、大学生なのに、高価な玉露を買って行かれました。。この子は大物になりそうな予感です・・・!何はともあれ、来てくれてありがとうございました。また生駒にも遊びに行かせていただきますね。

 

研修

昨日、お茶のかんばやしの本店がある、宇治橋通り商店街の皆様と、兵庫県、三田のほうへ研修に行ってきました。バスで1時間と少し、わりと近いです。理事の皆様や計画してくださった皆様、大変楽しく勉強させていただきました。ありがとうございました。参加されたのは、商店街の上のほうから順番に、和菓子のきね箭さん、仕出しのはせ川さん、精肉のはりよしさん、杉本米穀店さん、有馬湯さん、婦人服のサンモトさん、スーパーナツカさん、太田電機さん、ひかり書房さん、宇治カフェ&ランチあむざさんでした。ありがとうございました!!今後共宜しくお願いいたします!

お庭

2010021717060000.jpg冬のお庭好きです。風情があると思いませんか。これは宇治橋通り本店の箱庭です。小さいですが、蹲も灯篭も造園業者さんにこだわって集めてきてもらいました。今は奥の侘助も散り、山茶花のみになりました。紅一点です!店内では、今朝つぼみだった山茶花が開いてきました。水仙も綺麗に店を彩ってくれています。

 2010021717080000.jpg2010021717070001.jpg

宇治茶カフェ

この度、お茶のかんばやし宇治橋通り本店2Fにあります“喫茶かんばやし”が宇治茶カフェに認定されました。昨日の春の大茶会で、認定式が行われ、私も参加させて頂きました。弊店を含め3社が今年は認定されました。これを機会に、宇治茶をもっともっと広めていくことに一役買えれば・・・と思います。

2010021509340000.jpg2010021509330000.jpg

このページのトップへ移動