紫陽花

CAQ6LLME.jpg

大門店勤務のYです。アジサイが満開です。昨年まで鉢植えだったものを全て地植えにしました。ずいぶん刈り込んだつもりだったのですが、こんなに大きくなりました。以前は、すぐに水切れして、花も葉もしおれかけることシバシバでしたが、今年は、地面から、十分な水分が得られるのか生き生きと咲き誇っています。

宇治の三室戸寺は、“花の寺”として有名で、四季を通じて色々なお花が楽しめます。「あじさい寺」とも言われ6月の今は、あじさい園が開園されています。69日からはライトアップも行われます。今度の休みに見に行ってこようと思います。皆さんもぜひいかがですか。

 

茶筒

2012011214420001.jpg

先日、茶筒を購入しました。ずっと欲しかった開化堂さんの茶筒、結婚の記念に思い切って・・・使えば使うほど馴染み、色も変わり、味が出てくるそうです。機密性が高く、蓋が途中から力を加えなくても、自然に閉まります。お茶は湿気に弱いので、重宝しそうです。最近はパスタ缶や珈琲缶なども作られているそうです。色々悩みましたが、200gの銅製のものにしました。茶さじには、名前を彫って頂けます。長~く愛用します!

大門店勤務のYです。

1月8日(日)は弊社社長の結婚式でした。

従業員一同披露宴に出席致しましたので、当日は臨時休業となり、お客様には御迷惑をおかけし申し訳なく思います。

綺麗な花嫁さんに頼もしそうなご主人様 とてもお似合いの夫婦で、列席者一同感慨無量でした。終始和やかな雰囲気の宴で、記憶に残る披露宴でした。

今後は若い二人が遺憾なくリーダーシップを発揮し、お茶のかんばやしをお客様に愛される店にしていかれることと思います。従業員一同力を合わせ、若い二人を盛り立てていく所存です。皆様には、今一層のご贔屓を賜りますよう、今後とも宜しくお願い申し上げます

 MA330114.jpg

笑顔でがんばります!

CACCT61X.jpg 

大門店勤務のYです。

明けましておめでとうございます。

とはいっても今日はもう14日。

元旦は氏神様(許波多神社)へ初詣に行き、2日・3日とお仕事だったので今日はお正月の仕切り直しです。

お休みをもらったので、ゆっくりと抹茶を点ててみました。

濃茶大福を用意しましたが、これがまた美味しい!! 甘みがあって、香りが高く最高です。ちょっと気取って庭先でカメラに収めました。

なぜかしら、お正月は時がゆっくりながれます。家にいてぼんやりしていても誰にも憚ることなく過ごせ、十分に充電することができます。

今年も笑顔で頑張りますので宜しくお願いいたします。ひらがなの“お茶のかんばやし”のお茶を一人でも多くの方に親しんで頂ければ幸いです。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

柿が大豊作!

CA4JZCYS.jpg大門店勤務のYです。家の裏の柿が枝もたわわに実りました。例年より少し遅れての収穫です。1年おきに実をつけます。もっと手入れをすれば毎年できるのでしょうが自然まかせなので・・・。それでも500個以上もとれたでしょうか。とる時に何個地面に落としたことか。ちょっと気を抜くと、アッという間に竿の先から離れて落下、ずいぶん可哀そうなことをしてしまいました。収穫した柿はご近所さんにもらってもらい、喜んでもらっています。甘くて美味しいとなかなか好評です。

いつもなら、もう冬支度なのですが、季節はまだまだ一進一退。みなさん風邪などひかれませんように。

宗旦稲荷

先日、上京区にある相国寺に行って来ました。こちらには宗旦稲荷という神社があり、ある狐が祀られています。2011092415470000.jpg

以下ウィキペディアより

あるときに相国寺で千宗旦の茶会が開かれた。宗旦の見事な点前は、出席した茶人たちはもちろんのこと、普段からそれを見慣れている弟子たちですら見とれるほどだった。ところが宗旦がその場を去った後、また宗旦が現れ、遅刻して来たことを詫びた。そのようなことが何度かあり、弟子たちは宗旦に偽者がいると考え始めた。

後日、茶室に宗旦が現れたときを見計らい、弟子たちは宗旦本人が自宅にいることを確かめた上で偽宗旦を問い詰めた。すると偽宗旦は素直に自分が偽者であることを明かし、自分は寺の藪に住む古狐であり、ずっと宗旦の点前に憧れていたので、いつか自分もそのような点前をしてみたかった、もう二度と悪さをしないと詫び、狐の姿となって逃げ去った。弟子たちは宗旦狐の腕前に感心し、狐を追うことはなかった。

時は流れて幕末。宗旦狐は雲水に化けて相国寺で勉強をしていた。他の雲水たちと共に座禅を組み、托鉢に回り、時には寺の財政難を建て直すべく力を尽くした。門前の家で碁を打つこともあった。碁に熱中するあまり、狐の尻尾を出してしまうこともあったが、人々は狐の正体を知りつつも付き合っていた。

ある年の盆。門前の豆腐屋が資金難から倒産寸前に陥っていた。宗旦狐は蓮の葉をたくさん集めて来て、それを売って金に換えて大豆を買うよう勧めた。豆腐屋はそのお陰で店を建て直すことができた。お礼をしようと考えた豆腐屋は、狐の大好物である鼠の天婦羅を作って宗旦狐に贈った。しかし宗旦狐は、それを食べると神通力が失われるといって遠慮した。とはいうものの目は大好物に釘付けで、つい我慢できずにそれを食べてしまった。途端に宗旦狐はもとの狐の姿に戻り、それを見た近所の犬たちが激しく吼え始めた。狐は咄嗟に藪の中に逃げ込んだが、慌てたために井戸に落ち、命を落としてしまった(別説では猟師に鉄砲で撃たれた、または自ら死期を悟って別れの茶会を開いたともいう)。

相国寺は寺のために尽くしてくれた宗旦狐の死を哀れみ、宗旦稲荷として祠を築き、狐を僧堂の守護神とした。現在でも宗旦稲荷は、相国寺境内に祀られている。

 

中秋の名月

MA330050.jpg大門店勤務のYです。

昨日912日は中秋の名月。何となく夜空を見上げた方も多かったのではないでしょうか。

宵の口に空を見上げると、お月さまは雲間に見え隠れしていました。今年は、おぼろ月夜かなと思っていたら、10時頃になって、きれいなお月さまが現れました。庭に出ると、月明かりで苔が美しく輝いていました。自然って、時にはこんなに穏やかなひと時を与えてもくれる。日頃の忙しさを忘れ、感慨深く思いました。

 

中川家さん

今日は突然、中川家のお二人が来られました。色々な質問をして下さいましたが、突然の事なので、恥ずかしながら完全に舞い上がり、ドキドキしてしまいました・・・お二人ともテレビ通りの方で、とってもいい人!宇治橋商店街を色々まわられているようで、お茶のかんばやしの箇所が採用されるかはわかりませんが、10月中旬の読売テレビでの放送だそうです。20110912130827.jpg

 

大原

先日、ずっと行きたかった大原へ行って来ました。京都駅から車で30分ぐらい、のどかな雰囲気です。宝泉院の額縁庭園をずっと見てみたくて、、あと、三千院、寂光院と行って来ました。宝泉院は私の中では1,2を争うくらい庭が素敵でした。ちょうど柱と柱の間を額に見立ててお庭を鑑賞できます。秋の紅葉の季節もまた綺麗でしょうね。

2011080414260000.jpg

 この宝泉院には血天井があります。関ヶ原合戦前、徳川の忠臣・鳥居元忠以下数百名が豊臣の大軍と戦い伏見城で自刃した時の床が天井になって、供養されています。この伏見城の戦いでは、私共のご先祖にあたる上林竹庵も同様に自刃しているので、感慨深いものがありました。

みたらし祭

昨日は出町柳で用事の後、ちょうどみたらし祭をしている下鴨神社へ。下鴨神社の夏の風物詩で、土用の丑の頃、みたらしの池に足を浸して、無病息災を祈る足つけ神事には毎年多くの人が訪れます。昨日は涼しい日で、冷たい~冷たい~を連発し、みたらしの池を進みました・・・明日7/24まで、午前5時半~午後10時までしているそうです。

2011072216230000.jpg2011072216280000.jpg

お庭

先日、うちのお茶を使って頂いているお料理屋さんに行って来ました。西陣にあるのですが、偶然通りかかり、営業が終わった15時過ぎにお昼御飯がまだだった私達を、快く入れて頂いたおかみさん、ありがとうございます。お料理もさることながら、建物とお庭が素晴らしかったです。お料理はお部屋の照明で上手く撮れませんでしたが、お庭はこの通り!つくばいの苔がこんなに綺麗についています。抹茶ドーナツを思い出してしまったのは、私だけでしょうか??

 

2011071515420001.jpg2011071516460000.jpg

夏越の祓

2011063011580000.jpg今日は6月30日。上半期の最終日です。京都では夏越の祓または水無月の祓と言い、各神社にある茅の輪を八の字を描くようにくぐり、半年の罪のけがれを祓い、残り半年の厄病除けをお願いする行事があります。今日はお茶のお稽古があり、そこで水無月をいただき(水無月を食べるのは厄よけの意味があります)、その後、八坂神社の近くで用事があったので、せっかくなので、八坂さんで茅の輪くぐりをしてきました。この夏も暑そうですが、健康に過ごせますように!

ぶくぶく茶

先日休暇を取り、石垣島に行って来ました。そこで体験した琉球茶道の「ぶくぶく茶」。島根県のぼてぼて茶や新潟のばたばた茶など、各地方には独自の喫茶様式があることは知っていたのですが、実際どれも飲んでみたことがなく、今回初めて沖縄のぶくぶく茶を体験しました。炒ったお米とお湯とさんぴん茶を大きな鉢に入れ、茶筅のようなもので泡立てます。沖縄は硬水だそうで、硬水でないと泡立たないようです。これで出来た泡をさんぴん茶の上にかけて、砕いたピーナッツを上にのせ、いただくというものでした。昔はお祝事なので、飲まれていたそうで、戦後40年ほど姿を消していたようですが、復活したようです。

2011062516260000.jpg2011062516290000.jpg2011062516380000.jpg

花束

2011050721520000.jpg5月に入ってあっというまの2週間。お陰様で忙しくさせていただき、日の感覚もわかりません。。今年は例年になく、寒い日が続いたせいで、一部、新茶のご予約分の出荷が大分遅れました。ご迷惑、ご心配をお掛けいたしまして、申し訳ありませんでした。そんな中、頂いた花束・・・癒されました。

新茶のご案内

2011033017290001.jpg早いものであと1カ月で新茶の季節になりました。今年もご登録の皆様に、新茶のご案内状をお送りさせていただきます。4月初旬~中旬ごろには、お手元に届くかと思います。東北、北関東方面のお客様、新茶どころではない方も多くいらっしゃると思います。先日、お茶をお送りさせていただいた福島県のお客様よりメッセージを頂きました。「震災以来、断水が続いており、ペットボトルのお茶でしのいでいます、ゆっくりと宇治のお茶が味わえる日が早くきて欲しいと願っております。」とおっしゃって頂きました。私達にできることは少ないですが、このようなことをお伺いすると、少しでもお役に立てればと思い、今年もご登録の皆様全員に新茶のご案内をお送りさせていただきました。

ホームページでの受付は4月上旬より予定しております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

震災

東北地方太平洋沖地震災害が起き1週間が経ちました。当初はテレビを見てもその光景が信じられず、受け止めることができませんでした。被害に合われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く、安否不明の方々の救出と負傷された方々の回復、被災地域の復旧を願うばかりです。
何ができるか・・・生活必需品が不足しているという現状、仕事を通しては、お茶という嗜好品を扱う私には、お役に立てそうにありません。まず、募金、そして他にも出来ることがあるのではと考えおります。

2011030510290001.jpg実家の庭の梅の木が満開でした。

今日も良い天気とあって、人通りが多いです。楽しく営業中です!

2011021917250000.jpg今日は春の気配を感じる穏やかな日でした。観光客の方も沢山宇治にいらして、賑やかな1日でした。

こちらは建仁寺、元管長の故竹田益州さんの書です。温かな日が待ち遠しい・・・春に生まれる生命の力強さも感じます。今の季節にぴったりです。

知恩院

浄土宗総本山、知恩院さんに行って来ました。今年は開宗の法然上人の800回忌ということもあり、三門前の広場など、施設も新しくなっていました。この山門は高さ24mもあり、東大寺南大門より大きく、現存する三門の中では一番大きいそうです。現在、期間限定(3/21まで)で三門が特別公開されており、楼上内部には宝冠釈迦如来像や十六羅漢像が祀られ、柱や天井には天女や飛龍が鮮やかに描かれています。私は昨年見たので、今回は登りませんでしたが、一見の価値ありです。また、楼上からの京都市内の眺めは格別です!

2011021214360000.jpg2011021214020000.jpg

お昼は、祇園の「おかる」さんへ。このおうどんやさんは祇園のど真ん中で80年以上続く老舗で、舞妓さんや芸子さんも多く利用されるそうです。のっぺいうどんとカレーきつねうどん、美味しく頂きました。

 

立木山

2011012914350000.jpg日、立木山に厄除けに行って来ました。今年は後厄です。。昨年と同じ700段の階段を登り、頂上に辿り着きました。息は切れ、足はガクガクでしたが、連れは余裕の模様・・・体力をつけないとと改めて反省・・・

ここは弘法大師が42歳の厄年の時に、刻んだ観音像があることから、厄年のお参りで有名だそうです。

来年は無事御礼参りができますように!

 

 

大雪

でしたね・・・こんな時に何故か新幹線を利用しました。米原~名古屋間の景色が真っ白!!いつもなら名古屋まで40分ですが、1時間半ほどかかりました。まぁ、良い思い出です。。

観光客の方も冬場は少ないですね。ただこの時期は2回目に宇治に来られる方が多いです。前回は人が多くてゆっくり見れなかったということで、冬場に来てゆっくり観光するそうです。雪の平等院もなかなか綺麗です、ぜひお越しを!

 

 

2011011715530000.jpg

はなちゃん

CAP3DHUZ.jpg10年来の友人(先輩)の子、はなちゃん。約1年振りに会いましたが、成長の早さにびっくり!先が楽しみ・・・記念にブログにアップ!

 

事始め

昨日、12/13は事始めでしたね。もともと事始めは江戸幕府がこの日からお正月の準備をし始めたことからきているようです。ニュースでは舞子さんがお茶屋に挨拶に行ったりする様子が毎年流れますね。お正月の準備といっても、師走はなかなか忙しくてできないもの・・・大掃除に、年賀状、お餅、門松、しめ縄・・・そしてお茶の準備もお忘れなく!年内は大晦日まで営業しております。

そして忙しくても息抜きも必要です。出かけた先でイルミネーションが・・・綺麗。

2010121219230000.jpg

通天橋

一昨日、東福寺に行って来ました。京都に住んでいながら、なかなか京都の紅葉を見に行く機会がなく、有名な通天橋の紅葉を初めて見ました。想像以上に綺麗で感動。まだもう少し楽しめそうなので、今週末あたりのお出かけもお勧めです。お昼は八坂神社前のいづ重さんにて、鯖寿司を。正直、鯖寿司はそれまで苦手でしたが、こちらのは臭みもなく、本当に美味しかったです。器も秋の装いで綺麗でした。

 2010112213290000.jpg2010112214460000.jpg

菊日和

今日は昨日の寒さが信じられないくらい良い天気でした。こういう日の事を「菊日和(きくびより」と言うそうです。秋、菊が咲く頃の好天気の事です。今日のお茶のお稽古で知りました・・・今日から炉のお稽古です。掛け軸も「日々新」。気持ちがしゃきっとしました。

東山七条まで、お稽古に行っているのですが、紅葉がちらほら始まっています。妙法院の側を通りました。再来週の連休ぐらいがピークでしょうか・・・

2010111112190000.jpg

 

飛騨高山

先日、遅めの夏休みをとって飛騨高山へ。古い町並みが素敵でした。街全体で協力して、町並みを保存しているそうで、同じ観光地として宇治も見習わなければいけない所が沢山ありました。そして、名物の飛騨牛もとろける美味しさで・・・

帰りは宿の方に教えてもらった“せせらぎ街道”を通って、家路へ。少し紅葉も始まっており、秋の気配を感じることができました。

やっぱり旅行はいいですね。本当にリフレッシュできました!

2010101712430002.jpg2010101714030000.jpg

奈良

2010091712530000.jpg今日は全国茶品評会出品茶の入札会で奈良へ。全国各地の茶商さんが集まります。平城遷都1300年ということで、今年の奈良は盛り上がっているようです。宇治もその恩恵にあずかり、近頃はJRで京都ー奈良の旅行者の方々の途中下車率が多いように思います。それにしても奈良はせんとくんだらけでした・・・(笑)

千代保稲荷大社

先日、名古屋から京都に帰る途中、寄り道をして岐阜県海津市の千代保稲荷大社に行って来ました。通称“おちょぼさん”と呼ばれるこの神社は、私は知らなかったのですが、東海地方では商売繁盛の神社で有名だそうです。お稲荷さんの好物の油あげを供えて、商売繁盛をお願いします。普段、私は神社では健康祈願しかしないのですが、せっかくなのでちゃっかり、末長い商売繁盛をお願いしてきました。

2010082115170000.jpg2010082115120000.jpg

  

2010071212240000.jpg京都の夏の風物詩と言えば・・・祇園祭です。7月に入ると“コンチキチ・・・”という音が祇園・河原町界隈に鳴り響きます。あ~夏が来たなぁ、そして梅雨がもうすぐ明けるなあぁと京都の人は自然と思います。祇園祭は八坂神社のお祭りで、元々は、京都で流行った厄病退散を祈願して、鉾を立てたのが始まりです。今年はクライマックスの山鉾巡行が土曜日なので、すごい人でしょうね。昨日、河原町に出掛けたら、長刀鉾が出ていました。この長刀鉾は巡行の先頭を行く鉾で、唯一、生稚児(神の使い)が乗る鉾です。近くで見ると大迫力です。

香川・岡山旅行

先日、旅行に行って来ました。目的は・・・食べ物です。念願のおうどんツアーを実行してきました。3軒が限界でしたが・・・高松の「池上製麺所」、「手打十段うどんバカ一代」、丸亀の「綿谷」をハシゴして来ました。どこも美味しかったですが、綿谷さんの麺はもっちりしてコシが一番でした!帰りに、これまたずっと行きたかった岡山、赤穂の「さくらぐみ」へ。釜焼きのピザ、本当に美味しかったです。しかも食べきれない量です・・・店の雰囲気も、その一角だけ、ナポリ!という感じで、大満足で帰ってきました。

2010070509410000.jpg

 

 

東林院

2010061913370000.jpg先日、妙心寺の塔頭の一つ、東林院に行ってきました。平家物語の文頭「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」で有名な沙羅双樹があるお寺です。普段は非公開ですが、この時期だけ公開されています。釈迦の涅槃の際に咲いたと言われる沙羅の花は、朝に咲き、夕方には散ってしまう、はかなさ、無常を表します。お庭の苔の上には沙羅の花がちらほら・・・まだ満開ではありませんでしたが、十分雰囲気を味わえました。お抹茶と沙羅の花に見立てた鼓月さんの上生菓子もいただけます。


休日

新茶の時期の忙しさも、少しずつ落ち着いてきました。抹茶・粉茶・一部の芽茶を除いては、全て新茶に入れ替わりました。弊社は一番茶しか取り扱っていませんので、この時期にすべてのお茶が新茶になります。

 

先日、今月2回目の休日で、木下大サーカスを観に行ってきました。観るまではサーカスなんて・・・と思っていましたが、大人になってから観るサーカスは予想を裏切り、とても楽しめました。ハラハラ・ドキドキです。そして代々受け継がれている技にプロの魂を感じました。調べたところ、創始は1902年とのこと。長年同じ演技をしつつ、進化させ、同じ感動を人に与えられるということは、本当に素晴らしいことだと思います。

そんなことを考えつつ、これからも仕事頑張ろうと思いました・・・。

誕生

2010051120070000.jpg友人の子供たち。生後10日、と、もうすぐ2歳。可愛すぎます。

癒されました。

 

 記念にブログにアップ!

 

三重

2010041112440000.jpg先日、三重県に行ってきました。伊勢神宮は年に一回は行くのですが、今回もよかったです。行くとなんだかしゃきっとします。パワースポットと言うと、神様に失礼ですが、確かに元気になりますね。

今回は泊まりで、賢島の宝生苑さんへ。ここはお料理、温泉ともに大満足でした。お部屋からの英虞湾の景色もばっちりです。2010041115400000.jpg

 

このページのトップへ移動