HOME > お茶のはなし

知っているようであまり知らないお茶の話をご紹介します。

お茶のはなし

私たちの生活に密着し、広く楽しまれているお茶ですが、ここでは少しその歴史についてふれてみたいと思います。

お茶の木は中国から

諸説ありますが、一般的にお茶の木は中国から入ってきたという説が有力です。詳しい時代までは明らかになっていませんが、奈良時代に宮廷でお茶が飲まれていたことを記載した文献もあります。 当初、お茶は宮廷人か貴族階級などの一部の限られた人間にしか口にできない貴重品でした。この貴重なお茶を鎌倉時代の臨済宗の開祖、栄西が武家社会にまで広めました。栄西は宋の時代の中国に渡り、禅宗を学び数多くの経典を持ち帰るとともに、お茶の種子とお茶の飲み方も持ち帰ったのです。

古来より薬だったお茶

陸羽(733年 - 804年・唐の文筆家)が記した『茶経』という書物には、漢方医学の祖で中国古代の伝統的神である神農が野山を駆けめぐり、薬効となる草木を探しているときにお茶を発見して飲んだのがお茶の歴史のはじまり。という内容が記述されており、お茶の発祥地の中国では、もともと薬としてお茶の歴史が始まっており、現在の様に健康食品として注目されるのも、ごく当然の事なのかもしれません。

お茶の種類

お茶と言ってもその栽培方法や加工の方法でお茶の種類は異なります。日本茶だけでなく烏龍茶や紅茶も同じお茶の木から作られますが、ここでは当店で扱っている日本茶の種類をご紹介します。

碾茶(てんちゃ)・抹茶(まっちゃ)
抹茶 碾茶とは抹茶の原料になるお茶の葉の事です。収穫の前(最低二週間程度)お茶の木を葭簀(よしず)と稲藁で覆い日光から新芽を守り栽培され、苦味の成分(いわゆるタンニン)が減少し、お茶の旨味成分のアミノ酸が増加して特徴的な香りとまろやかな味わいがうまれます。この碾茶を挽臼で挽いたものが抹茶です。
玉露(ぎょくろ)
玉露 碾茶と同じでお茶の木を覆い栽培されます。そのまろやかな味わいと香りからお茶の最高級品とされています。低い温度でじっくりと淹れるのが美味しくいただけるこつです。
煎茶(せんちゃ)
煎茶 お茶と言えば煎茶を意味しているくらい、日本の家庭で一般的に飲まれているお茶です。爽やかな香りと清涼感をお楽しみいただけます。
ほうじ茶
ほうじ茶 煎茶やかりがね等を丁寧に焙じたお茶です。独特の香ばしい香りとカフェインが少ないのが特徴です。
玄米茶(げんまいちゃ)
玄米茶 煎茶やかりがね等と炒った玄米をブレンドしたお茶です。あっさりとして、香ばしい香りと味が特徴です。
このページのトップへ移動